偏頭痛(人によって症状や頻度が畭なり、女性に多くみられる傾向があります)は、頭(脳科学的にわかっていることも多いですが、わからないこともまた多いでしょう)の片側のこめかみから目にかけて起こるんです。痛みは、ズキンズキンと痛む方もいれば、脈打つようなガンガンと言う痛みの方もいますよね。また、日頃はそんなに気にならない物の音が五月蠅かったり、光がまぶしく感じたりすることもあるでしょう。頭痛がひどくなると共に、吐き気が起こるのですが、吐くと症状は少し楽ようですね。痛みの頻度は、月に1〜2回の方もいれば、週に1〜2回起こる人もいるようです。ひどい方は、何も手につかず、寝込んでしまう程です。この偏頭痛(時には嘔吐などの症状を伴うこともあるでしょう)には特徴があり、前兆症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)と前駆症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)、後発症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)があるでしょう。まず、前兆症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)ですが、その名の通り、偏頭痛(人によって症状や頻度が畭なり、女性に多くみられる傾向があります)が起こる前の前兆みたいな症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)です。この症状というのは、偏頭痛(人によって症状や頻度が畭なり、女性に多くみられる傾向があります)が起こる数分前から、一時間前に起こり、偏頭痛(一般的には、頭の片側だけが痛む、脈打つように痛むというのが特徴です)が起こるとしだいに症状としては治まります。症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)の特徴としては、視野がおかしくなったり、目の前で光がチカチカする等の視覚(明るさ、色、形、位置、動きなどを主に識別しているといわれています)異常が起こるのです。ほかにも、話しにくくなったり、バランス感覚を失ったりする可能性もあるのです。次に、前駆症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)です。この症状としては、偏頭痛(一般的には、頭の片側だけが痛む、脈打つように痛むというのが特徴です)が起こる1日前から起こるのです。行動に落ち着きがなくなる、ハイテンションになる、怒りっぽくなる等、行動に症状は起こります。また、吐き気がしたり、食欲が湧かなかったりと気分に表れることもあるそうです。お終いに、後発症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)ですが、この症状としては前兆症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)と同じ症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)が偏頭痛(片頭痛とも表記します)が治まった後に起こります。でも、これらの症状は、気をつけていないと、疲れからなのかなと勘違いしてしまいと呼ねれているのです。ですから、頻繁に偏頭痛が起こる方は、これらのサインを見逃さないようにするといいですねー